むらせ歯科だより2021年3月号|愛知県弥富で根管治療が得意な歯医者さんならむらせ歯科へ

弥富市で歯医者、根管治療をお探しの方はむらせ歯科へ むらせ歯科

かんたん 今すぐネット受付

0567675408

木曜・日曜休診

むらせ歯科だより

むらせ歯科だより2021年3月号

  • むらせ歯科だより

診療室よりこんにちは

一雨ごとに春が近づいてまいりますが、まだまだ気ぜわしい中でいかがお過ごしでしょうか。

親知らずはどのような状態でしょうか。骨の中で横向きに埋まっている、あるいは傾斜して顔を出している親知らずは、生えようとして手前の歯を押して傷めたり、隣の歯との間にプラーク(細菌のかたまり)を溜め込んで、むし歯や歯周病のトラブルになりやすいです。

まっすぐ正常に生えていて、上手に磨くことができていれば、抜く必要はありませんが、「将来トラブルが起こる」と歯科で指摘をされたなら、早いうちに抜くことをお勧めします。だましだまし過ごしているうちに、親知らずが原因のむし歯や歯周病で、治療が手遅れになるほど隣の歯が傷んでしまったり、歯並びがおかしくなって奥歯で噛めなくなったり、親知らずの周りに起きた炎症が歯ぐきから舌の下、頬や首の組織へと広がって発熱し、入院が必要になることもあります。

問題のある親知らずはあるけど、「腫れや痛みがひどくなったら、覚悟を決めて抜こう」と思っているかもしれませんが、炎症が起きている最中の抜歯を、避けなくてはなりません。

炎症によって麻酔が効きにくく、かりに抜歯したとしても治りが遅く、二次的な感染症を起こして、痛みや腫れがひどくなることがあります。

くわえて年齢が進むと、歯と顎の骨の癒着が起きやすく、抜くのがとても大変になります。親知らずに限らず、年齢を重ねると良いことばかりではありませんが、健口で過ごしたいものです。