むらせ歯科だより2021年4月号|愛知県弥富で根管治療が得意な歯医者さんならむらせ歯科へ

弥富市で歯医者、根管治療をお探しの方はむらせ歯科へ むらせ歯科

かんたん 今すぐネット受付

0567675408

木曜・日曜休診

むらせ歯科だより

むらせ歯科だより2021年4月号

  • むらせ歯科だより

診療室よりこんにちは

まだまだ様々な問題が山積している年度替わりです。神経まで及んだむし歯は激しい痛みをともなうだけでなく、そのままでは歯を抜くことになります。そんな時に切り札になるのが「根の治療」。歯にとっては心臓病の手術並みの大手術ですが、単に「歯の神経を取る」治療ではありません。

歯の根の治療とは、「歯の内部の細菌感染を起こした部分をきれいに取り除く」治療です。

歯の見える部分を歯冠、見えない部分を歯根、歯の内部にある神経がとおる管を根管といいます。根管を掃除するので「根管治療」ともいい、感染した内部を取り除いた後は、細菌を新たに入り込ませないように、根管の内部を密閉します。とはいえ、感染部分をきれいに取り除くのは至難の技。根管は1mm以下と非常に細く形も複雑なうえ、相手はミクロの細菌です。根の治療は歯科治療で最も難しい治療のひとつです。

① 感染部分の除去(まち針のようなドリル状の器具を差し込んで少しずつ削る)
② 洗浄と消毒(削りかすにも細菌が混じっているので消毒薬を根管内に行き渡らせ洗浄)
③ 根管充填(きれいにした根管内を密閉する)
④ 治療した歯を土台にして本番のかぶせ物を入れて治療終了

時間も手間もかかる「根の治療」ですが、治療が進めば痛みがなくなります。そこで受診を先延ばしにすると、治療は後戻りします。歯科治療の基本は痛くない時に行うものなので、根気よく通院をお願いします。