むらせ歯科だより2021年6月号|愛知県弥富で根管治療が得意な歯医者さんならむらせ歯科へ

弥富市で歯医者、根管治療をお探しの方はむらせ歯科へ むらせ歯科

かんたん 今すぐネット受付

0567675408

木曜・日曜休診

むらせ歯科だより

むらせ歯科だより2021年6月号

  • むらせ歯科だより

診療室よりこんにちは

暑かったり、涼しかったり、蒸したりと体調に気遣う季節ですが、元気にお過ごしでしょうか。毎年6月は「むし歯」に因んで、6/4~6/10まで「歯と口の健康週間」があります。今一度、お口の中を再認識するよい機会ですので、健診やおそうじにご来院下さい。

さて子どもの歯は3歳くらいですべて生え、6歳頃から12歳頃に永久歯に生え変わります。中学生になる頃に上下左右に奥歯が追加され、歯並びは完成。すべてが揃えば28本となります。毎日の食生活(現代人は1食620回程度の咀嚼)を支えている歯ですが、年齢を重ねていくと多くの方がむし歯や歯周病で本数が減っていきます。

失うのが歯と歯の間であれば、固定式のブリッジでもとのように過ごすことができます。しかしブリッジの支えとなった歯ごと失ったり、奥の方から複数本失うことになると、次は義歯(取り外し式のいわゆる入れ歯)になり、はじめは部分的な入れ歯ですが更に失えば、最終的には総入れ歯になってしまいます。総入れ歯になると、歯があった頃の1/3程度しか咬めません。「義歯は臓器である」と言われることもありますが、私はやはり「道具」だと思います。

道具として使い方を理解して、使いこなすことで咬む力や飲み込む力を歯のあった頃に近づけることが大切です。食べたいと思うものをしっかり咬んで美味しく食べるというためにも、歯の有無に関わらず、日頃からお口のケアを行いましょう。