根管治療|愛知県弥富で根管治療が得意な歯医者さんならむらせ歯科へ

弥富市で歯医者、根管治療をお探しの方はむらせ歯科へ むらせ歯科

かんたん 今すぐネット受付

0567675408

木曜・日曜休診

根管治療

根管治療とは

根管治療とは、「歯の根」の治療の事です。歯の根には歯の神経や血管が通っている管「根管」があります。むし歯がひどくなると、むし歯の菌は根管内に侵入し、歯の血管や神経を冒してしまいます。それを放置しておくとその歯はいずれ抜かなくてはいけません。そこで、根管を綺麗にし、この歯を出来るだけ残す為に行う治療が「根管治療」です。根管治療は歯を残す最後の切り札です。

メリット

  • 歯を抜かない事により周りの歯への負担や歯並びへの影響を最小限にします。
  • 根管をきれいにする為、むし歯の再発予防につながります。

根管治療を受ける前に

根管治療を受ける前に、知っておいて頂きたいことがございます。

それは、全ての方に適用できる治療法ではないという事です。むし歯の進行具合によっては、成功率が低くなったり、抜歯せざるを得ない場合もございます。
その判断は、歯科医の技術や経験によって異なりますので、不安な方はセカンドオピニオン(今かかっている歯科医とは別の歯科医に意見を求めること)をお勧めします。

複数の医師に尋ねると、恐らく「できる」と言われたり「できない」と言われたり様々だと思います。これは技術力だけではなく経験による差だと思われます。だからといって、根管治療が「できる」と言った医師が優れているかというと、そういうわけではありません。

根管治療は非常に難しい治療です。歯を抜かず、細菌だけを除去する方法なのですが、少しでも菌が残っているとむし歯がまた再発してしまいます。その時は痛みを伴うだけではなく、結局抜歯することになり、また歯医者に通って頂く日々が続きます。また、それまでの治療が完全にムダになってしまい、患者様にとっても負担が大きくなります。そのため、あまりにむし歯が進行しており、成功率が100%と言えない場合、あえて抜歯を勧めるケースもあるのです。

当院では、できるだけ患者様のご希望に沿えるよう努めておりますが、根管治療が難しい場合はそのようにお伝え致します。大切なのは、患者様ご自身で歯を残すか、抜くかお決め頂くこと。そして、決めるのに必要な情報をできるだけ多く入手することです。ご相談のみの来院も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

治療のポイント

根管治療は専門的な技術や豊富な経験を要する難しい治療です。そのため、これまでに多数の根管治療を行っている医院を選ぶことが大切です。また根管治療には、マイクロスコープまたは拡大鏡といった専門機材が必須です。使用機材は仕上がりにも影響するため、事前に確認し、信頼できる医院で根管治療を行いましょう。

治療の流れ

歯根の先に溜まった膿 細菌感染した歯髄 消毒が終わったら充墳剤を入れて密封 汚染された組織を除去
消毒薬を入れ蓋をする(完全に消毒できるまで繰り返す) 土台となるコアを入れる 膿のあと 冠を被せる 膿のあと

マイクロスコープとは?

マイクロスコープ

根管治療に欠かせない機材がマイクロスコープです。マイクロスコープとは、肉眼で見えにくい歯の内部を拡大して観察できる顕微鏡です。

根管治療には拡大鏡を用いるケースもありますが、マイクロスコープの方が鮮明に患部を確認できます。 つまり、マイクロスコープを使うことで、治療で最も重要な診断の精度が上げられるのです。 さらに、施術時にも、細菌に感染した部分を残さず取り除けるため、治療後の再発の可能性が低くなります。

また、マイクロスコープの有無は、根管治療だけではなくインプラントなどの精度さを要する治療の結果にも差が出ます。 治療中の患者様にとっても、映像を通して患部を見ることによって治療過程を把握しやすいため、安心して治療に臨めます。