外科処置|愛知県弥富で根管治療が得意な歯医者さんならむらせ歯科へ

弥富市で歯医者、根管治療をお探しの方はむらせ歯科へ むらせ歯科

かんたん 今すぐネット受付

0567675408

木曜・日曜休診

外科処置

行える治療内容

親知らずの抜歯

20歳前後で生える奥歯の一番奥の歯の抜歯です。まっすぐ生えている場合は特に問題ありませんが、歯並びに影響がある場合や痛みがある場合などは抜歯をします。抜かずにすんだ場合でも丁寧にケアをしなければむし歯になりやすい場所なので、むし歯になってしまった場合には抜歯を行います。

埋伏歯の抜歯

埋伏歯とは歯が歯ぐきに埋もれてしまいうまく生えてこない状態の事を言います。生える方向によっては骨の中に埋まってしまう事もあり痛みの原因になる場合があります。完全に生え切らない事が多く、歯磨きがしづらいのでむし歯になりやすい歯でもあります。

歯根のうの摘出

歯の根に溜まってしまった膿の摘出手術です。歯の内部がむし歯菌などに侵されてしまった時に歯根のうという袋状の膿が大きくなり、普通の治療では治せなくなった場合に行います。

小帯切除

小帯とは上唇と歯ぐきを繋ぐ筋の部分や舌の裏側にある筋の事を言います。舌の小帯に異常がある場合、うまくご飯が食べられなかったり発達障害になってしまう場合があります。

良性腫瘍の摘出

お口の中にできた腫瘍の比較的小さなものの摘出を行います。大体が5mm前後で1㎝を超えるものはありません。だ液が溜まってできるものの場合は一緒にだ液線を取って再発を防ぎます。手術にレーザーを使う事で治療後の痛みや傷の治りを早くできます。

口内炎

口内炎は体の疲れや栄養不足、体調不良などで起こる粘膜炎症です。レーザーを当てる事で炎症を起こした部分が消毒・殺菌され数日で治す事ができます。